好転反応~身体が新しく生まれ変わること

過去の辛い体験や、満たされない気持ちがその後長い期間
その人の思考や行動を縛り付けて苦しめてしまうことはよくあります。

過去の体験から私たちは特定の反応パターンを学習します。
そしてその反応パターンの通りに無意識に行動してしまいます。

でも、あなたが望めばどんな過去からも自由になることはできます。

それは、偶然の体験からインプットされてしまったパターンであり、
単なる記憶にすぎないからです。

どんな自分でありたいのかさえわかっていれば、
どんな過去の記憶からも自由になって、
「本来の私」、理想の自分に向かって進んでいくことができます。

30代女性 

ヒーリングを受けてからの1週間、
何となく体調が変わりデトックスが行われた感覚がありました。
特に3日目くらいまで好転反応として頭痛と倦怠感が強かったですが、
次第に体が軽くなっていきました。
昔のことはあまり思い出せないというか、
フォーカスする必要がなくなり、
今日を生き未来に向かう気持ちがわいてきています。

ヒーリングの後は人によっては倦怠感や下痢など、
不調が続くことがあります。いわゆる好転反応です。

ヒーリングにより
無意識領域に心地よさや幸せな感覚など「本来の私」、
つまりゴールに関する新たな風景が書き込まれたことにより、
新しいパターンを構築するための再計算が始まります。

好転反応とはそのプロセスの一部が身体に表れるものです。
なぜ、身体が反応するのかといえば、身体とはすなわち心だからです。

ヒーリングであれ、カウンセリングやセラピーであれ、
病院の治療であれ、身体への働きかけであれ、心への働きかけであれ、結
局のところ実際にそれに対して反応するのは、脳です。

考えてみればそれは当然のことです。
私たちは脳の働きにより思考し感情を味わい、
様々な感覚を感じ、生理機能を維持して生きているからです。
脳とは心であり、同時にまた身体です。

身体=心=脳=無意識 ですね。

いったん、古い反応パターンにメスが入ってしまうと、
安定していた心と身体のホリスティックなシステムに歪みやアンバランスが生じます。
脳はこれに対して新しくバランスを作り出そうとして心と身体を書き換えます。
つくりなおすのです。
それが顕著に身体に表れることを好転反応だと捉えればよいでしょう。

好転反応は数時間~数日以上にわたり続きますが、
おさまってしまえば身体のスッキリした感じや軽くなる感じ、
根拠はないけれど自分の内面で何かが変わった感のようなものが生じます。
象徴的に言えばまさに生まれ変わった、古い殻を一枚脱いだということですね。

そのようにして一枚一枚古い殻を脱ぎ続けていくのが
ヒーリングプロセスですね。

このクライアントさんは過去に味わった辛い情動記憶により
生きる意欲を喪失していらっしゃいましたが、
こだわり続けていた過去の記憶が書き変わり
未来、つまりどんな自分でありたいのかという
「本来の私」へとフォーカスが向かいだしましたね。

関連記事

  1. ヒーリングのカラクリ

  2. 時間の束縛という幻想からぬけだせ

  3. 身体を洗練し続けていくことに終わりはあるのか~パーフェクトボディを手に…

  4. ヒーリングの上手な受け方

  5. Want toに出会い、Goalを見いだす

  6. 保護中: 肺の世界

  7. ヒーリングを受けることに対して自分の中の何かが抵抗した

  8. 気に対して敏感すぎるんですが…

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    自分はなんて愚かなんだという絶望
  2. 読む気功講座

    呼吸一つでいろんなものが書き変わる
  3. 読む気功講座

    ゴールノートをつくろう!!
  4. オンライン講座

    オンライン講座「ヒーラーの呼吸」

過去記事