セルフヒーリング3分はマッサージ30分の効果がある

今日の私のセルフヒーリングは、ただ「立つ」だけです。

まず両足をつけ、内側のかかとからまっすぐに地面に向かって
意識を向けていきます。

すると、足裏がしっかりと地面を感じ、つながる体感があります。
同時に、両足の内側を、坐骨に向かって気が上がり、
会陰、チャクラで言うと第一チャクラが意識に上がってきます。

坐骨と会陰につながった感覚をそのままたどると、
会陰から百会(頭頂)へと、
伝統気功で「中脈」とよばれている軸が通っていきます。

自然と骨盤がたち、肩の力がぬけ、軸の感覚を感じて立つことができます。

ここでフラフラせずに立つための私なりのコツは、
今、足裏から順番に頭頂へと意識に上げていったので、
下から上へ向かう意識のベクトルが強く意識に上がっていると思うのですが、
そのベクトルを感じたまま、
最後にもう一度足の裏から地面の中へと降りていくベクトルを意識に上げることです。
もっとわかりやすく言えば、自分にかかっている重力を足裏から感じてみること。

するとより軸が意識に上がりやすくなると思いますし、
フラフラすることが減ってくると思います。
これをなんというか、もっと気功っぽく言うと、
中脈を通る気の流れを感じながら立つって感じですね。

この姿勢を維持して30秒くらい丁寧に呼吸を続けるだけでも
かなり心はスッキリするし、身体も整うのですが、

体側に降ろしている手の中指の先を、太ももの外側の真ん中、
ジャージをはいたときにジャージのラインがくるところに
くっつけるようにすると、たちまち身体に気が満ちていきます。

うーん、気持ちが良い。

3分もすればかなりエネルギーチャージされるし、
気が巡るので身体の凝りや緊張、疲れも解消されます。

私は今日これをパソコン作業の合間にやりました。
食後で睡魔が襲ってきて辛かったのですが、
カフェで寝てしまうわけにもいかず、
ちょっと席を外してトイレを待っている最中にこれをやったのです。

トイレの待ち時間だけで眠気もおさまり、
パソコン作業で疲れた目や肩も脱力してリフレッシュできました。

これは、よくみんながやっている
肩が凝ったから肩関節を回すとか
目頭を揉んだりすることにくらべて、圧倒的に効果があります。

なぜかというと、
このように身体の軸を意識に上げて立つことで
抽象度の高い身体の情報場にアクセス出来るような意識状態を
日頃から作れるようになっているからです。

結果的に、仕事で感じるストレスだとか、
作業を続けることで生じる心理的な疲労なんかも
一瞬でリセットできるんですね。

多分、仕事の合間に30分マッサージを受けにいくのと同じくらいの
効果は誰でも楽勝で出せるようになると思います。

セルフヒーリングを生活に取り入れるということの意義は
単に疲れを自分でケアできるというレベルの話ではなく、
身体開発、身体の感覚を洗練することにつながっています。

なので、積み重ねることで、そもそも疲れにくくなったり、
身体が感じている違和感などにいち早く気づけるようになります。

セルフヒーリングをとおして、
こうした身体感覚を一つ一つ獲得していくだけでも
身体は元気になり、セルフイメージは上がって、
現実の有り様も変えていく事ができます。

ヒーリングを学ぶ本当の価値は、なりたい自分を実現できる能力を
手に入れることにあります。

読むだけでなりたい自分になる能力が自然と開花するメルマガ
「読む気功講座」のご登録はこちらから。
ご登録の際にはヒーリングに必要な「気」を出したり感じたりする能力が身につく
ミニテキストをプレゼントします。

関連記事

  1. 腕や肩の痛みやだるさくらいはサラリと解決!

  2. 安いコーヒーをのんでセルフイメージを上げる

  3. 気功鍼で鼻づまりを解消

  4. 病気の人が病気を辞めるために意識するべきこと

  5. 実力を上げるためには、まずは身体から

  6. 宇宙の気で自分を満たしてパワーチャージする

  7. 釈迦三尊像でセルフヒーリング

  8. 結界の機能のさせ方

メルマガご登録


メルマガにご登録ください。初学者の方に気功を体験していただくための無料テキスト付き。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。


詳しくはこちら

お知らせ


心身の不調は気功で驚くほど改善します。気功ヒーリングを体験してみませんか?

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. セルフヒーリング

    病気の人が病気を辞めるために意識するべきこと
  2. セミナー

    ヒーリング能力はサクッと手に入れてその先の未来を…
  3. 人間力を高める

    自傷行為をする子どものことが心配になっていてもた…
  4. セルフヒーリング

    気を感じることが苦手な人は気の正体は物質ではなく…

過去記事