「胸」を解放する

人に対してオープンになれないとか、
どうしても人や状況に対して、構えてしまう、
警戒してしまう、
コミュニケーションがなんだかうまくいかないというとき、

「胸」周辺に注目してみると良いでしょう。

みぞおち、肋骨、横隔膜、胸骨、心臓、肺、胸椎、
鎖骨… この辺りを、一応「胸」とよぶことにします。

胸は、本来開いていると言う表現がしっくりくる場所です。
肩や腕の力が抜けて、
大胸筋や小胸筋、肋間筋などが緩み、胸郭が自由に解放されていると、
文字通り「広い心」が生まれます。

脇がリラックスし、肩甲骨の動きが胸の中心から生まれて
自分の想いや気持ちが胸~腕~手へとひろがって、外側へ伝播していきます。

この辺りが緊張して固まっていると、
自分を表現したり、解放したりする身体性が機能を失います。

人に対してオープンになれない、とか、構えたり警戒したりしてしまう
というのは、何というか、過剰防御になっている状態です。

胸というのは開いていると良い場所ではありますが、
人間にとって急所でもあります。

普通、動物は四つん這いなので胸は直接攻撃されにくい場所なのですが、
人間の胸の場合は、心臓や肺という重要な臓器がかなり無防備にさらけ出されていますので、
攻撃されたりして、なにか自分の身を守らないといけないような状況に陥ると、
胸を腕とかでガードしたりして、
胸周辺を固めるような反応を私たちは無意識に起こしてしまうのです。

なので、慢性的に胸周辺をガチガチにしてしまっている人は、
なにか、外界に対して防御的になってるということでもあります。

例えば子どもの頃とか、今までの人生の何かのタイミングで
とても心が傷ついた経験をしたり、自分の存在を心理的に脅かされるような体験があって、

胸を閉じてガチガチに固めていないと自分を守れない、
耐えられないということがあったのかも知れませんね。

逆に、
手を握りしめたり、腕を緊張させたり、
腕や手を酷使して、肩や胸の筋肉を疲れさせたりすることで
身体が疲弊する状態が続くと、
徐々に精神的にも影響を受けて防御過剰な心理状態になってしまうこともあります。

いずれにせよ、
胸が閉じた状態から解放して、胸周辺を書きかえていくためには、

上記のみぞおち、肋骨、横隔膜、胸骨、心臓、肺、胸椎、
鎖骨… の辺りを中心にヒーリングをしていくと良いでしょう。

まずは丁寧に感じてみるところからはじめてみましょう。

鎖骨や胸骨に触れて意識を向けてみる。
胸に手をあてて心臓を感じてみる。
ゆっくりと深呼吸してみる。

そして、周辺の筋肉が緩んだり、心が落ち着いたり、
もしかしたら何か感情が湧いてきたりするのを意識にあげてみましょう。

この辺りは、
チャクラでいえば、第4チャクラ、「ハート」ですね。
気功の文脈で言えば「中丹田」です。
こうした情報的な身体に直接働きかけるのも有効です。

次回の遠隔ヒーリング集中プログラムでは
「胸」をテーマに心と身体の書き換えを行っていきます。

「胸」が緩んでくれば、胸や腕に張り付いていた緊張が解放されて
「広い心」や「オープンハート」、「愛」、「情熱」みたいな感覚が生まれていきます。

「胸」が変わることで
自分が周りの人に与える印象や影響が変わり、言葉とか会話のレベルでというよりは、
むしろ非言語的なコミュニケーションの質が変わってきます。

会話のやりとり以前の、無意識レベルでのコミュニケーションにおいて、
自分のあり方の変化を感じることが出来ると思いますし、
さまざまな人間関係や、お仕事といった
対人的な環境の中における変化を感じることが出来ると思います。

 

ご提供メニュー
メルマガ(無料テキストプレゼント)
遠隔ヒーリング20日間集中プログラム
気功の学校オンライン
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンラインセッション
中国伝統気功

関連記事

  1. 無限にある情報のどこに焦点をあてるか

  2. 自らは自らによって定義せよ

  3. 身体を意識にあげるということ

  4. 身体を洗練し続けていくことに終わりはあるのか~パーフェクトボディを手に…

  5. 情動をどう扱うか

  6. 気功とは?~ホメオスターシス同調~

  7. ヒーラーの手で気分が穏やかになります

  8. 恐怖と自分を切り離してみる

メルマガご登録


メルマガにご登録ください。初学者の方に気功を体験していただくための無料テキスト付き。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。


詳しくはこちら

お知らせ


心身の不調は気功で驚くほど改善します。気功ヒーリングを体験してみませんか?

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    行動と結果の間に作用するもの
  2. 読む気功講座

    あらゆることが可能になる
  3. オンライン講座

    ヒーラーとしてのスタート~手と呼吸ですべてを制覇…
  4. オンライン講座

    労宮を開いて出力アップ オンライン講座

過去記事