気功は特別な力じゃないんだ

最近、三和気功でご自身と向き合うことを
始められたクライアントさんが
こんなことをおっしゃっていました。

「以前は気功というものを、なにか「特別な力」だと思って、
勉強しようかなと考えたこともあった。
そのまま突っ走っていたら間違った方向へと
行っていたかも知れない。」

とても良い気づきだなと思います。

気功は特殊能力なんかではなく、
もっと普通のものなのだという理解は、
気功を習得し、活用していこうとする方には
絶対に必要です。

確かに、気功が不思議なもの、超能力として
もてはやされた時代もあったし、
中には本当のインチキもあったにせよ、
何千年という歴史のを経てなお存続しているということは、
そうしたインチキや不思議に見えるようなことが
実際に本当に効いてしまうからで、
端から見ればそれが魔法や、奇跡のように
見えてしまうことは否定はしません。

でも、「気功」でなにが起きるのか
科学的に説明が出来るようになった
現代という時代の抽象度においては、
「気功」はもはや脳と心を操る技術の一つとなりました。

それは、認知行動心理学や機能脳科学、
脳神経科学等の学問による
洗脳のメカニズムの研究の発展によって
見えてきたことなので、
気功は洗脳研究の賜物と言えるのかも知れません。

洗脳という言葉を使えば少し怖い印象を受けるかも知れませんが、
結局、洗脳という一つの技術の開発や研究を通して、
人間の認知や行動、脳機能への理解が深まり、
人間とは何かということへの学問的な研究や理解の抽象度が
高まったことも事実です。

重要なことは、
気功というものが、
認知科学や脳科学の視点から捉えれば
一つの技術に過ぎないということです。
自己の能力を引き出していくために有効な
無意識を書きかえるスキルであるということです。

科学的に説明がつくと言うことは、
即ち再現性があるということであり、
再現性があるということは、
誰にでも扱える技術であり、
誰に対しても効力がある技術だということです。

実際に気功を学んだり、
気功を通して自分自身と向き合っていく過程で
こうしたことの理解が深まっていくべきだなと
私は考えています。

気功は科学であると、私の伝統気功の師匠は東京にいた頃
よく言っていましたが、
それは、方法論があり、再現性がある、
だから誰にでも出来るよっていう意味でした。

気功とは何かを知らずに気功を習得したり、
気功に頼ってしまうことは、
気功はなにか特別な力で、
それを使える人間は特別な人なのだという
方向性へ進んでしまう危険性をはらんでいます。

気功はインパクトのある技術であると言えるのですが、
インパクトがあるだけに、盲目的に使えば
自分や他人の成長や進化を止めてしまったり、
心と身体を大きく傷つけてしまうことも
可能であるということです。
そして、一度そこへ入り込んでしまうと、
抽象度が低いだけになかなか出てこられなくなる可能性が高いのです。

でも、学問として気功を学び実践するということは、
自分の人生を生きることの喜びや楽しさに目覚めていくことであり、
心も身体も豊かになる道であることも確かです。

気功を学ぼうとしていらっしゃる人達は、
自分が手にしているもの、これから手にするものが
どういうものなのか、しっかり見極めながら、
気功を実践し続けていただければ良いなと思います。

要は、技術ですから、変に期待もせず、変に恐れもせず、
楽器を習得するときのように
気楽に淡々と学び、楽しみながら練習する、こんなスタンスが
一番適切ではないかと私は思います。

ご提供メニュー
メルマガ(無料テキストプレゼント)
遠隔ヒーリング20日間集中プログラム
気功の学校オンライン
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンラインセッション
中国伝統気功

関連記事

  1. 心と身体をゴール側へと書きかえていくプロセス

  2. 保護中: 陰陽五行の織りなす人体宇宙

  3. ヒーリングデザインを更新しました

  4. ありのままの自分を抑えつける心の癖

  5. 「手」からすべてが変わる

  6. 自分に絶望するところからはじまる

  7. 呪い、毒、蟲~邪気が怖いとき

  8. 心を書きかえれば自然に痩せられます

メルマガご登録


メルマガにご登録ください。初学者の方に気功を体験していただくための無料テキスト付き。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。


詳しくはこちら

お知らせ


心身の不調は気功で驚くほど改善します。気功ヒーリングを体験してみませんか?

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    「手」からすべてが変わる
  2. 読む気功講座

    気功でなぜ痛みが取れるのか
  3. 読む気功講座

    伝統気功が教える気の作り方
  4. 読む気功講座

    情動をどう扱うか

過去記事