実は、左右で人格まで違います

身体を通して学びが深まります

「心身一如」とは、
三和気功がもっとも大切にしている
中医学の基本的な価値観です。

身体の状態は心に反映され、
心の状態は身体に表れるのであり、

心(内部表現)を変えたければ、身体性にアプローチし、
身体を変えたければ、心(内部表現)にアプローチせよ

というシンプルな方法論を示唆しています。

三和気功ではこれを採用し
身体性を出発点として心と体を洗練していくことを
提案してます。

そうすることで螺旋的に、現実というスクリーンに映し出される
情報空間を速やかに移動していけるからです。

いかにご紹介するこのフィードバックはまさに、
身体性が深く心のあり方に関わっていること、
身体のあり方が心のあり方を生み出しているということを
見事に現わしているといえます。

(以下フィードバック引用)
昨日から右足首に違和感を感じていて、
ウナをやらなきゃと思っていました。
仕事が一段落したところで立った姿勢でウナをやったら
やっぱり左右で全然違っていました。
左は足の裏から恥骨のあたりまでがしっかりつながっているのに、
右は足の裏は意識できても恥骨のあたりが意識できず、頼りない感じでした。
実は人格まで左右で違う感じだったんです。
左半身に意識を向けると自信に満ちあふれているのに、
右半身に意識を向けると心もと無い感じというか、不安がありました。
身体によってどちらにでもなれること実感しました。

40代 セラピスト

これはまさに三和気功が皆さんにご提供していきたい
心身一如の世界を象徴するような体験であり、

例えば心身相関という言葉に解釈されているように
心と体は互いに関係している という、
何というか、表面的で軽いニュアンスでは
到底たどり着けない、

まさに心は身体そのものであり、
身体は心そのものであるという
五感で体感する世界観なのです。

気功を通して
身体性を磨いていくことで
あなたもどんどん自分をシフトさせ、
世界を鮮やかにシフトしていくことができます。

もしも、
気そのものがわからない、
もっとちゃんと教わりたいという場合は
こちらでご案内してるミニレッスン
試すのもよいでしょう。

関連記事

  1. 丹田はカラダの神殿である

  2. 無料遠隔ヒーリング企画 身体に心が宿る

  3. 気功をやって感じたチクチクとムズムズ

  4. 愛されることより愛することを!?

  5. 気の作り方 拉気~気の球

  6. 過去と未来の綱引きを制す

  7. 神に出会う感覚

  8. 頑張ることのリスク

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    ネガティブを何とかしようとするな
  2. 読む気功講座

    自分で自分の身体を書きかえてみる~セルフヒーリン…
  3. 読む気功講座

    自分へ問い続けることが人生をつくっていく
  4. 読む気功講座

    幸せも絶望も超えて

過去記事