今のままで十分なことをはっきりと自分にゆるすと

先日、気功整体を受けてくださった方が
こんなことを言っておられました。

「このままありのままの自分を出していけば
いいのではないかなと思えるようになりました。」

それを聞いて一安心しました。

整体のセッション中
お話を聞いている間に私が彼女に感じたことは

「自分は弱い。スキル、体力など、やりたい仕事をしながら、
収入を維持していくにはいろんなものが足りていない。
だから、もっともっといろんな意味で足りている自分に
ならなければいけない」

こんな風に自分のことを観ていらっしゃるのではないかな
ということでした。

「自分には足りない」から
「体質を改善しなきゃ」「いろんなことを勉強しなきゃ」と
自分を観ている間は
結局、「自分は足りていない」という現実を手に入れることになります。

けれども、

ありのままでよい。
今の自分で良い。と認められたら、

自分には沢山のことが足りていない
自分は弱いのだ

という現実を手放すことが出来ます。

その結果、
「足りていない」という現実を
観る必要がなくなってしまうのです。

彼女はセッションの後
ずっと続いていた貧血を辞めることが出来たそうです。

ご自分の内側の認識(内部表現)が変化すると
身体にも変化が現れます。

関連記事

  1. 腱鞘炎の施術

  2. うそみたい

  3. 難病と決めつけないで

  4. 病人であることを決めるのは自分

  5. 意識するだけで筋肉は緩む

  6. どこでも遠隔治療

  7. ぽかぽかです

読む気功講座

 

「気」でヒーリングができるようになる
ココロとカラダを整える5つのワーク ミニテキスト無料でプレゼントします。

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 気功的lifeのすすめ

    自分の完全性を信じる
  2. 気功的lifeのすすめ

    施術や治療の限界
  3. 気功的lifeのすすめ

    意識と無意識、生きることのほんとの目的は?
  4. 気功的lifeのすすめ

    満たされたこころを思い出す

過去記事