今しかないことに気づいていますか?

中国に来てからというもの、
時間の流れがゆっくりになりました。

東京で暮らしている頃は
1週間があっという間にすぎてしまうことが
よくあったのに、

中国にいると、
仕事のペースもゆっくりで
遊びに行ったり、食べに行ったりする
個人的なお友達もいないから、
何もすることがなくて

時間がゆったり過ぎていきます。

人が身を置く環境や状況によって
時間の感覚や価値は変化します。

そう、時間とは実体のないもの。

「現実」を秩序立てて味わうために
脳が作り出した、単なる概念でしかありません。

時間という物が実は
実在しない物であることは
物理学の世界でも解明されつつあるとか…。

普段、時間に追われているという感覚で
生きている人にとっては、
ゆっくり流れる時間は
少し苦痛に感じたり、かえって
不安を掻き立てたりするのかもしれません。

いずれにせよ、

私たちは「今」にしか存在できないのです。

明日のことを考えて行動したり
将来のことを考えて予定や計画を立てたり、
念のために…
いちおう…
備えあれば憂いなし…なんて、

私たちは先のことを考えて行動をしますが、
それも、結局のところ
「今」ここで意識がとらえた未来であって、
未来は実際には存在はしていません。

過去のことを考えて
後悔したり、懐かしく思ったり、
思い出をたどったり、
歴史を学んだり、
習慣やしきたりに従うことも、

結局、「今」の意識がとらえた過去であり、
過去そのものは存在していません。

1瞬1瞬は連続性(時間)のあるように感じられて、
実は独立しているのです。
それを、脳が「連続している」ととらえているだけみたいですよ。

あなたという存在の中心、
この一瞬
今ここに

宇宙、地球誕生から人類の歴史、そしてまだ見ぬ未来が
存在しています。

どんなに忙しくしていようとも
どんなに暇をもてあましていようとも、
どんなにタイムリミットが近づいている状況であっても、

どんな人も「今」しか生きていません。
けれども、
多くの人はそのことに気づいていません。

まるで、道の先にある角を曲がったら
未来が待っているかのように思って生きていますし、
過去という階段を踏みしめて上ってきたと思っています。

「今」を生きるようになると

過去の経験から未来を恐れる
ということから自由になります。

そして、無限の可能性の中に
生きることが出来るようになります。

過去→未来の因果律は幻想なのですから、
意識がとらえた
時間軸の枠の中で予測できる未来だけではなく、

意識の把握できないほどの無限の可能性にさえ
オープンになることが出来ます。

そして、
「これから何が起きるかわからないワクワク感」
と一緒に人生を楽しむことが出来るようになります!

気功は「今」ここを生きる感覚を養うのには
もってこいのエクスサイズです。

読む気功講座

気功師養成プログラムベーシックコース「気功講座」テキスト無料でプレゼントします。

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. セミナー

    気功師養成通信講座
  2. セミナー

    2018年10月 気功師養成プログラム in 東…
  3. 気功的lifeのすすめ

    今しかないことに気づいていますか?
  4. 施術エピソード

    どこでも遠隔治療

過去記事