伝授ってなに?~そのカラクリを知る

ホメオスターシス同調

三和気功では今年から気功師を養成するプログラムの中で
本格的に「伝授」というシステムを
ご提供するようになりました。

伝授とは、気功技術を無意識レベルにインストールすることです。

一見オカルティックなこの方法は、
通常であれば時間をかけて習得する洗練された技を
誰でも、即座に、簡単に扱うことができるようになる
便利なシステムです。

(50代男性 獣医)
先生、昨日はありがとうございました。
伝授を受けるのと受けないのとでは、
感覚が全然違う。
ホメオスタシス同調とはこういうことなのか。
まず、率直に感じたことです。

とはいえ、伝授がなければ気功スキルは扱えないのかと言えば
そうではありません。
伝授を受ける前にできるだけ自分で使ってみてくださいと、
私はまずお話しします。

まずはブログの中に出てくるヒーリングについて
自分で興味があるものはガンガンやってみることです。

やり方がわからなければ質問をし、
どんどん自分なりにやってみることでも、
十分使いこなせるようになる というのが私の印象です。

気功に理解が深まり、心身が洗練されればされるほど
伝授など不要な感じになります。

私から言わせれば、
伝授など受けずともできる!
くらいのノリと気概が実は最も大切なのです。

そういう取り組みの後で伝授を受けるとまたインパクトが違います。

さて、伝授の効果を最大限に引き出し、
また気功技術を上手に使えるようになるためには
伝授のカラクリを理解することもとても大切です。

伝授のカラクリを一言で言えば、
「ホメオスタシス同調」です。

ホメオスタシス同調とは、意図的にそうしなくても、
実は生体同士に起こる自然現象でもあります。

例えば、夫婦同士の顔や雰囲気が似てくるとか、
共同生活をする女性同士の生理周期が同じになってくるとか、
誰かが悲しんでいるのをみて自分も同じように悲しくなってくるとか、

ホメオスタシス同調とは
無意識レベルで互いの内部表現が同調することで起きる現象です。

伝授とは
伝授をする側のホメオスタシスに
伝授を受ける側のホメオスタシスを同調させることで
気功技術をコピーし、脳へとインストールすることなのです。

ワールドワイドウェブでのデータローミング

能力をコピーしインストールするという伝授のカラクリは
脳科学や認知科学によって気功を解釈しなおし、
さらに、
情報理論やコンピュータサイエンスの視点を取り入れることで、
「怪しい、いかがわしい」という印象を大幅に書き換えました。

脳は、私たち一人一人が持っているコンピュータであり、ハードウェアです。

情報空間に存在する縁起ネットワーク(存在論的編み目構造)
というワールドワイドウェブの中で、
伝授する側とされる側がローミング(相互接続)し、

そこに、スマホにアプリをダウンロードするように、
気功スキルというソフトウェアをインストールするのです。

この「脳」というハードウェア同士の接続を可能にするのが、
信頼関係(ラポール)であり、ホメオスタシス同調なのです。

ですから、
伝授とは生体同士のホメオスタシス同調によって
脳に情報をコピーしてインストールすることなのです。

脳科学的にも、ミラーニューロンという脳内細胞によって
時間や距離に関わらず生体同士が何らかの情報を共有することで
同調するという現象が証明されています。

トリガーとアンカーのシステム

脳に気功スキルの情報がインストールされると、
無意識レベルでそのスキルが書き込まれます。

これにより、最初から意識的にその気功スキルの詳細を
いちいち理解していなくても、
ゼロから練習を積み重ねる必要もなく、
スキルを扱うことができます。

スマホのアプリを使いこなすのに、
アプリ内のソフトウェアを全く知る必要がないのと同じです。

伝授された気功スキルには必ずトリガーとアンカーがついています。
その気功を作動させるための装置です。

トリガーとは、
何らかの動作や心理状態などを
作動させるきっかけとなるもののことです。
アンカーは、記憶によってつくられています。

例えば、
私はホイットニーヒューストンの「I will always love you」を聴くと、
アメリカに留学していたころの記憶が鮮明によみがえります。
そのときに感じていた気持ち、風景、匂いや食べたものの味、
着ていた服、周りにいた人たちの顔など、
ありありと、そのときに戻ったかのごとく思い出すことができるのです。

これはまさにホイットニーの歌がトリガーとなり、
アメリカでの思い出がアンカーとなってよみがえっている、
トリガーとアンカーの良い例です。

過去にアンカリングされた記憶が
トリガーにより臨場感を持って脳に再現される、脳の機能の一つです。

気功スキルの伝授は、
先述したホメオスタシス同調と
この「トリガーとアンカー」の脳の機能を利用しています。

トリガーを引き、アンカーとして埋め込まれたスキルが発火します。

フィードバック、つまり練習が必要です

余談ですが、トリガーとアンカーは何も気功技術に限らず
普段の生活に簡単に利用することができます。

例えば、
Goalセッティングの際やアファメーションを唱えるときなどにも
活用できます。

やり方はネットや書籍で沢山紹介されているので
ここであたらめて説明する必要もないくらいですが、
簡単にお伝えしておくと、

まず、うれしい、誇らしい、輝かしい、楽しい、清々しい、気持ちが良い…等の
過去の何らかのプラスの情動を思い出します。

(できるだけ、心が踊るような、心が沸き立つような、心が震えるような…といった
体感のある感覚が良いです。)

そしてその情動や体感に好きな名前を付けます。

次にトリガーを決めます。
耳を触る、鼻をさわる、目を閉じる、
胸に手を当てる、指でクロスをつくる…、何でもかまいません。

これでトリガーとアンカーができましたので、
試しに、トリガーを実行しながら、つけた名前をつぶやきます。
それで情動が体感できるか確認してみてください。

大切なのはこの一連の行為を何度も何度も繰り返してフィードバックをとることです。
要は練習が大事で、練習することで
脳がトリガーとアンカーを機能させ始めます。
練習により気持ちの良い体感や感覚が強化されてくれば
うまくいっている証拠です。

そしてトリガーで体感や感覚を発火させてから
活用したい場面に臨むと良いですね。

同じように、
気功スキルをきちんと機能させていくためには
練習が不可欠です。

伝授してもらっただけでは効果的に
機能させていくことができません。
何度も使ってフィードバックを取り
自分のものにしていく必要があります。

そして伝授は何度も受けて
アップグレードしていくことも可能です。
上書きをすることで性能を
強化していくようなイメージです。

レッスンやセッションでは、
先生と一緒にスキルを使うことで
上書き効果が高まります。

気に入ったスキルがあれば
とにかく使い倒して洗練し、
時折伝授を受け直して強化していくと
どんどんレベルアップしていくことができます。

たった一つや二つの気功スキルだけをどこまでも
磨き上げることで、非常にインパクトの強いヒーリング(書き換え)が
可能ですし、そのスキルの奥行きも機能性もいくらでも広がっていきます。

一度受けたスキルを上書きしたい、
新しいスキルを伝授してもらいたい、
こういったご要望にお応えするべく
「伝授」のための企画を準備中です。

関連記事

  1. なぜGoalを書く必要があるのか

  2. 保護中: 肺の世界

  3. 自分自身への信頼度「エフィカシー」とは?

  4. 下丹田をつくろう!

  5. 実は、左右で人格まで違います

  6. 気功は情報の書き換えスキル

  7. 無意識の書き換えと気功~ピュアな自分になること

  8. 身体の毒素ってなんですか?

おしらせ

 

「読む気功講座」を読んでやってみる。わからないことややり方はいつでも何度でも聞くことができる。これだけでも、あなた次第で本当に大きな成果を出すことができます!さらに、受講申込者限定の気功ヒーリングレッスンを受けられます。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. オンライン講座

    オンライン講座 「気の球をつくる」
  2. 読む気功講座

    なぜGoalを書く必要があるのか
  3. 読む気功講座

    気功スキル「結界」 
  4. 読む気功講座

    伝授ってなに?~そのカラクリを知る

過去記事