腕の抽象度を上げる

腕というのは
身体の中でも、スキルに関与する
大切な部分ですし、心の状態にも
直結しているような身体の部位です。

腕が緊張していると
無駄な力が入っていい仕事ができません。

「腕のいい」人というのは
腕に力みがなく
リラックスして優雅に
質の高い仕事をこなします。

腕を緊張させ
ものごとの全体を捉えず、
目先のことだけしか見えない人は
初心者か下手な人です。

腕の緊張は心の力みとなって
とりあえず表面的には問題のないように
一生懸命体裁だけは恥ずかしくないように整える
というような、そんなレベルの範囲にしか
視界に入りませんが

腕の緊張がぬけると意識の
視界が一気に広がり、
全体を見渡し本質を見極めるように、
視点が移動します。

ぎこちなさや固さが消え
知性や創造性、深みや寛容性が自然に
生まれてきます。

腕の緊張が緩むだけで
立っている感覚が変わり、
動きにしなやかさが加わり、
そして心にも優雅さが生まれます。

これらは連動して起きます。

これが身体が洗練されると言うことであり
身体の抽象度が上がるという意味です。

日頃から
自分の腕に力が入っていないかどうかを
意識しておくのは
大切なことです。

関連記事

  1. 坐骨神経痛について

  2. 秋は肺に注意

  3. リウマチの治療

  4. 病気は悪いものでも良いものでもありません

  5. 気功師養成講座を体験された方の例

  6. 丹田とつながる

  7. 整体師さんセラピスさんのスキルアップに

  8. 「天気病み」と気功

おしらせ

 

気功ヒーリングモニター(無料)
募集しています。気功を体験してみたい方は是非どうぞ。

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    ウナ~立つことは人の根源
  2. 気功的lifeのすすめ

    腕の抽象度を上げる
  3. お知らせ

    気功をやって感じたチクチクとムズムズ
  4. お知らせ

    ヒーリングモニターになりませんか?

過去記事